韓国次期大統領 朴槿恵氏と面会=「面目ない」

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は12日、南東部・大邱にある朴槿恵(パク・クネ)前大統領の自宅を訪れ、朴氏と面会した。

 尹氏は面会後、記者団に「過ぎた過去がある」として、「人間的な残念さと心に持っていた申し訳なさなどを話した」と述べた。尹氏は検事だった2016年、朴氏を罷免に追い込んだ国政介入事件の捜査チーム長を務めており、これを念頭に置いた発言とみられる。

 面会に同席した政権引き継ぎ委員会の権寧世(クォン・ヨンセ)副委員長と朴氏側近の柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士は面会の内容を詳しく伝えた。権氏は「(面会は)約50分間行われ、和気あいあいとしていた」と紹介。尹氏は朴氏に対し、「本当に申し訳なかった」「面目ない」などと述べたという。また、「朴前大統領の良い政策や業績があったが、十分に知られていない」として、「政策を継承したり広報したりして名誉を回復できるようにする」とも言及したという。

 また、尹氏は5月10日の大統領就任式への出席を要請し、朴氏は「可能な限り出席する」と応じた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲握手する尹氏(右)と朴氏(尹氏の報道官室提供)=(聯合ニュース)

right

あわせて読みたい