韓国・釜山で特別展「独島を守る」 26日から来年2月まで

【釜山聯合ニュース】韓国の釜山海洋自然博物館は22日、特別企画展「わが地、わが海 独島を守る」を南部・釜山市の釜山漁村民俗館で26日から来年2月5日まで開催すると発表した。独島関連の古文書や写真、映像、海洋生物の標本など、約120点を展示する。

 同展は第1部の「わが地、独島」で、独島が韓国の領土であることを証明する日本の古文書や古地図などを展示する。第2部「わが海、独島」は独島を取り巻く海の生態系を紹介する。日本による植民地時代に乱獲されて絶滅したアシカと、独島周辺に現在生息するオットセイ、アザラシの標本も並べる。

 第3部「独島 そして守る」では安龍福(アン・ヨンボク)や独島警備隊など独島を守った人たちにスポットライトを当て、さまざまな資料を展示する。安龍福は朝鮮王朝時代に、独島と鬱陵島は朝鮮領だと日本に訴えた人物。

 また、仮想現実(VR)技術を使って独島を疑似体験できるようにする。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい