韓国がカーリング国際大会誘致へ 実現すれば5年ぶり

【ソウル聯合ニュース】大韓カーリング連盟は26日、世界選手権大会および世界連盟総会誘致のために誘致申請書を世界カーリング連盟に提出したと明らかにした。韓国は女子代表が2018年の平昌冬季五輪と22年の世界選手権でそれぞれ銀メダルを獲得するなど世界で存在感を高めている。

 大韓カーリング連盟は来年4月に開催予定の混合ダブルスとシニア世界選手権の誘致を目標にしている。

 誘致が実現すれば、18年の平昌五輪とパシフィック・アジア選手権以来、5年ぶりに韓国でカーリングの国際大会が開かれることになる。

 大韓カーリング連盟は「世界カーリング連盟も韓国での開催に肯定的な立場を示した」とし、「世界選手権が韓国で開かれれば韓国カーリングの地位をさらに高め、地域の発展、カーリングの大衆化と裾野拡大に多いに役に立つだろう」と話した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい