バイデン大統領 ソウルの国立墓地訪問=「国の英雄に敬意」

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪問しているバイデン米大統領が21日午後、国のため命をささげた人たちが眠っている国立墓地・国立ソウル顕忠院を訪問した。

 通訳のみを同行させたバイデン氏は、厳粛な表情で献花と焼香を行った後、黙とうをささげた。

 バイデン氏は参拝後、「国のためにすべてをささげた英雄に敬意を表する。彼らの遺産は民主的かつ自由な韓国に残り続けるだろう。彼らの勇猛が忘れられないように」と記帳した。

 記帳後、車両で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領との会談が開かれるソウル・竜山の大統領執務室に向かった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい