韓米首脳会談 最初の少人数会合70分=予定時間を大幅オーバー

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のバイデン大統領は21日、少人数会合で首脳会談を始めた。

 韓国大統領室によると、少人数会合は午後1時32分から同2時44分まで行われた。当初予定していた30分を大幅にオーバーした。

 小人数会合には韓国から金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長と朴振(パク・ジン)外交部長官、米国からサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)と国家安全保障会議(NSC)のケーガン上級部長(東アジア・オセアニア担当)が同席した。

 両首脳は続いて単独歓談、拡大会合を行う。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい