米と多様な軍事訓練議論 北朝鮮の核攻撃に備え=尹大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のバイデン大統領は21日、ソウルで初の首脳会談を行った。尹大統領は会談後に開いた共同記者会見で、北朝鮮の核脅威に対応するための拡大抑止の具体的な計画について、「核攻撃に備えた両国の合同訓練もさまざまな方式で(実施する)必要があるという議論もあった」と明らかにした。

 尹大統領は「かつては拡大抑止といえば『核の傘』だけを考えたが、それだけでなく戦闘機やミサイルを含むさまざまな戦略資産(兵器)の適時の展開に関しても議論した」と紹介。「今後、両国の国家安全保障会議(NSC)が具体的な協議を続けていくことにした」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい