韓米首脳が「連合航空作戦の司令塔」訪問 尹氏「韓米が北の脅威に共同対応」

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領とバイデン米大統領は22日午後、航空作戦を指揮する韓国空軍作戦司令部の航空宇宙作戦本部(KAOC)を訪れた。

 尹大統領はKAOCについて「日増しに高度化している北の核・ミサイルの脅威に韓米共同の対応を取る中核的な場所であり、韓米同盟を象徴する場所だ。『3軸体系』を運用する中心であり、そのコントロールの中心だ」と述べた。

 KAOCはソウル近郊の烏山米空軍基地の地下バンカーにあり、朝鮮半島戦区内の航空宇宙作戦を指揮・統制する事実上の韓国軍の「戦略司令部」の役割を果たす。朝鮮半島空域の在韓米空軍の兵器もコントロールし、平時は朝鮮半島の上空を出入りする全ての航空機を識別して敵性国家の航空機には即座に対応措置を取る。北朝鮮の核・ミサイルに対応する「韓国型3軸体系」のうち、ミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃するキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)を統合運用する「K2作戦」の遂行任務も負っている。

 尹大統領は「バイデン大統領とKAOCを訪問したことは韓米間の強力な安保同盟を象徴している」と述べ、韓米両軍の将兵を激励した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい