バイデン氏 韓米同盟の抑止力「世界にも極めて重要」

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領とバイデン米大統領は22日午後、ソウル南方の烏山米空軍基地を訪れ、朝鮮半島全域の航空作戦を指揮する韓国空軍作戦司令部の航空宇宙作戦本部(KAOC)を視察した。

 バイデン大統領は韓米同盟と韓米連合作戦について、「(韓米同盟が)脅威を抑止し、安定を維持させることは朝鮮半島だけでなく、世界にも極めて重要だ」と述べた。

 また、「韓国は(朝鮮戦争後)70年が過ぎた今、強くて繁栄する、革新的な民主主義国家になった。われわれの同盟は日増しに強くなっている」と強調。「われわれを支持してくれる韓国軍に感謝する」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい