物価は高騰しているのに…韓国で週15時間未満の労働者は過去最多154万人

 韓国の国民は1年間で物価が3.3%上昇すると予想している―このような結果が調査で明らかになった。これは9年7か月ぶりの悲観的な数字だ。食料品など生活必需品の価格が高騰している上、物価上昇スピードが所得の増加より速いため、低所得層がさらに苦境に立たされると専門家らは懸念した。

 24日に韓国銀行(中央銀行)が発表した「消費者動向調査」によると、5月の期待インフレ率は3.3%だった。韓国銀行が今月10-17日に韓国全土の2309世帯を対象に調査した。今年3月と4月の期待インフレ率は3%前後だったが、実際の消費者物価の上昇率は2か月連続で4%台だった。この傾向が続けば、5月の物価上昇率は5%を超えかねない状況だ。

 家計収入見通しは98で、基準値の100を下回った。100未満は、家計収入が増えるとの見通しよりも減るとの見通しが多数だということを意味する。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「物価高の状況下で国民生活を改善するためには、生活必需品など低所得層のための生活物価対策を集中的に行うべき」と指摘した。

 雇用の状況は依然として上向いていないことが分かった。先月の雇用市場は就業者の増加数が86万5000人で、4月基準でみると22年ぶりに高い増加幅となったが、一時的で不安定な超短期の雇用も4月基準で22年ぶり最多となった。

 週当たりの労働時間が15時間未満の超短期労働者は154万人に達した。60歳以上が76万3000人で超短期労働者の半数(49.5%)を占めた。韓国経済産業研究院のキム・グァンソク経済研究室長は「物価が上昇した分だけ収入が増えれば問題ないが、状況はそうなっていない」と指摘した。

チョン・ソクウ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

あわせて読みたい