中国とロシアの軍用機6機 韓国防空識別圏に進入 

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は24日、中国の軍用機2機とロシアの軍用機4機が同日、東部・独島付近の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入し、離脱したと明らかにした。

 合同参謀本部によると、午前7時56分ごろに中国の軍用機2機が南部・済州島の南の岩礁、離於島の北西126キロの地点からKADIZに進入し、同9時33分ごろにKADIZの北に離脱した。

 その後、東海の北側地域でロシアの軍用機4機と合流し、東海の北側のKADIZに再び進入。同10時15分ごろ、独島の東からKADIZを離脱したという。

 さらに午後3時40分ごろにもKADIZ周辺で中国の軍用機4機とロシアの軍用機2機を再び捕捉したが、領空侵犯はなかった。

 韓国軍はこれらの軍用機がKADIZに進入する前から空軍の戦闘機を投じて、偶発状況に備える措置を取った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい