サッカー韓国代表、カタールW杯8強入りなら褒賞金78億ウォン

 パウロ・ベント監督率いる韓国サッカー代表チーム選手団が2022サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会でベスト8入りした場合、最大で約78億ウォン(約8億円)の褒賞金を受け取ることになることが分かった。これはW杯史上最多額だ。

 大韓サッカー協会が5月31日の理事会で、カタールW杯に出場する韓国代表選手たちに支給する褒賞金の基準を決めた。W杯最終エントリーの23選手は大会参加による基本報酬金を2000万ウォン(約210万円)ずつ受ける。その後は出場試合で選手ごとの貢献度により支給する方針だが、詳細な案はまだ公表されていない。

 今後支給される手当を選手1人当たりの平均で計算すると、グループステージ1勝につき3000万ウォン(約310万円)、1引き分けにつき1000万ウォン(約100万円)の手当が与えられる。負けた場合は手当がない。グループステージで2位以内に入り、ベスト16以上のノックアウトステージ(決勝トーナメント)進出に成功すれば3000万ウォンずつ追加され、もしノックアウトステージで勝利してベスト8進出という自国開催以外のW杯での最高成績を塗り替えればさらに2億ウォン(約2100万円)ずつ支給される。

 もしグループステージ3試合にすべて勝ち、ベスト16を経てベスト8入りまで果たしたら、韓国代表選手たち全体で受け取る褒賞金は78億2000万ウォン(約8億1000万円)になる。これは過去に韓国サッカー代表が出場した大会の中で最高額だ。さらにベスト4以上の成績を収めた場合は追加で褒賞金を支給する可能性もある。ベント監督をはじめとするコーチ陣には契約に応じて別途報酬が与えられることになる。

 ベント監督率いる韓国代表チームは今月2日、ソウル・ワールドカップ・スタジアムで行われる「W杯模擬テスト」に当たるブラジルとの強化試合に備えている。主将のソン・フンミン(29)=トッテナム・ホットスパーFC=を含む選手たちは先月30日から京畿道坡州市内のサッカー男子韓国代表チーム・トレーニング・センター(NFC)で練習をしている。ベント監督は30日、「ブラジル戦は難しい試合になるだろう。私たちには一種の挑戦課題」としながらも、「ベストを尽くせるよう努力している。勝てるようにするという意味だ」と自信も見せた。

 ブラジルは31日に公開練習を行った。「ワールドスター」ネイマール(30)=パリ・サンジェルマンFC=を含む選手たちが高まるムードの中でFWとDFの2組に分かれて戦術練習を行った。ブルーノ・ギマランイス(24)=ニューカッスル・ユナイテッドFC=は「親善試合だが、ソン・フンミンを最大限マークするなどベストを尽くして試合を行う」と語った。

イ・ヨンビン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲30日午後、京畿道坡州市内のサッカー男子韓国代表チーム・トレーニング・センター(NFC)で、パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表チームがAマッチに備えて招集された。写真はベント監督とソン・フンミン選手。写真=チャン・リョンソン記者

right

あわせて読みたい