ホワイトハウス訪問したBTS、アジア系へのヘイトクライム根絶訴え

バイデン大統領と面会、アジア系憎悪犯罪について語る

 【NEWSIS】男性アイドルグループBTS(防弾少年団)が5月31日(現地時間)、ジョー・バイデン米大統領と反アジア・ヘイトクライム(憎悪犯罪)について対談するためにホワイトハウスを訪問した。

 今回の行事は、ホワイトハウスが「アジア系・ハワイ先住民・太平洋諸島系米国人(AANHPI)文化遺産月間(5月)」の総仕上げという観点からBTSを招待して実現したものだ。

 バイデン大統領との対談に先立ち、BTSは記者室を訪れた。カリーヌ・ジャンピエール大統領副報道官はBTSについて「グラミー賞にノミネートされた国際的なアイコンであり、若者たちに敬意と肯定のメッセージを伝えている」と紹介した。

 BTSは「私たちはアジア系対象を含めて最近急増しているヘイトクライムに驚き、胸を痛めている」「こうしたことを根絶するのに少しでも役に立つように声を上げたい」と語った。

 さらに、「私たちがこの場に来ることができたのは、私たちの音楽を愛してくださるさまざまな国籍や言語を持つ『ARMY(アーミ-)』の皆さんがいたからだ」「このすべてをつないでくれる音楽というものは、本当に素晴らしい媒体ではないかと思う」と言った。

 また、「正しいか間違っているかではなく、違いを認めることから平等は始まると思う」「私たちは皆、それぞれの歴史を持っている。今日、一人一人が意味のある存在としてお互いを尊重し、理解するための新たな一歩になればと願っている」と語った。

 用意されたコメントは韓国語で発表された。その上で、リーダーのRM(アールエム)は「ホワイトハウスに招待していただき、反アジア・ヘイトクライムや多様性の重要な問題について話し合えることになり、非常に光栄だ」と英語で語った。BTSはこの日、黒のスーツと白のシャツ、ネクタイ姿で登場した。

 ポップス界のアイコンであるだけでなく、多様性の象徴として位置づけられているBTSは、米国などを中心に広がっているアジア系へのヘイトに対してはっきりと反対する意思を表明してきた。

ユ・ジャビ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい