BTSと面会のバイデン氏「憎悪犯罪なくす活動に感謝」

BTSと面会のバイデン氏「憎悪犯罪なくす活動に感謝」

【ワシントン聯合ニュース】バイデン米大統領は5月31日(米東部時間)、ホワイトハウスで韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)と面会し、米国でのアジア系住民への憎悪犯罪(ヘイトクライム)をなくす取り組みなどについて話し合った。

 面会は5月が米国のアジア・ハワイ・太平洋諸島系米国人の文化遺産月間であることに合わせ、バイデン氏がBTSをホワイトハウスに招待して実現した。面会の模様はメディアに公開されなかったが、バイデン氏は同日夜にツイッターで動画とメッセージを公開した。

 約1分間の動画によると、バイデン氏はホワイトハウスの執務室前でBTSを出迎えた。BTSが「大統領にお会いでき光栄です」と話すと、バイデン氏は「ホワイトハウスにようこそ」と歓迎した。

 執務室でBTSのメンバーと向き合ったバイデン氏は「今月は米国にとって重要な月だ」とし、「多くのアジア系米国人が差別されている」と述べた。

 リーダーのRM(アールエム)は、新型コロナウイルスの流行に伴い多発しているアジア系住民への憎悪犯罪の対策を強化する法律が成立したことに謝意を表し、「僕たちは少しでも力になりたいだけで、ホワイトハウスと米国政府が(憎悪犯罪に対する)解決策を見いだそうとしていることに心から感謝する」と述べた。

 これに対し、バイデン氏は「人々は皆さんの言葉に関心を持つ」とし、「皆さんがすることが全ての人にとってよいことになる。皆さんの立派な才能だけでなく、皆さんが発信するメッセージが重要だ」と強調した。

 また、バイデン氏はツイッターに「BTSに会えてうれしかった。皆さんがアジア系への憎悪犯罪の増加と差別に対し警鐘を鳴らすため取った活動に感謝する」とメッセージを投稿した。

 BTSはこの日、バイデン氏との面会に先立ちホワイトハウスの記者会見室を訪問し、アジア系住民への憎悪犯罪の根絶を訴えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • BTSと面会のバイデン氏「憎悪犯罪なくす活動に感謝」
  • BTSと面会のバイデン氏「憎悪犯罪なくす活動に感謝」

right

あわせて読みたい