MLB:大谷に投げ勝った柳賢振、結局…今年2回目の負傷者リスト入り

 柳賢振(35)=トロント・ブルージェイズ=が今シーズン2回目の負傷者リスト(IL)入りした。

 ブルージェイズは3日、柳賢振が「左下腕炎症(Left forearm inflammation)」でIL入りしたと発表した。柳賢振はこの前日の米大リーグ、シカゴ・ホワイトソックスとのホームゲームに先発登板し、4回表まで58球を投げたところで左前腕に違和感が出て降板した。

 柳賢振は今年4月中旬、同じ部位を痛めてIL入りしていた。その後1カ月間のリハビリを経て、先月15日に復帰した。しかし、先月27日のロサンゼルス・エンゼルス戦では65球投げた後に左ひじの痛みが出て交代となった。柳賢振は体に大きな異常がないと判断して2日のホワイトソックス戦に登板したが、前腕の痛みを感じて早々にマウンドを降りた。

 柳賢振は今シーズン6試合に登板して2勝を挙げたが、防御率は5.33にとどまっている。また、開幕から2カ月間で2回もIL入りすることになった。

キム・サンユン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい