駐韓ウクライナ大使「韓国政府に武器支援を強く希望する」

ウクライナ訪問を控えた李俊錫(イ・ジュンソク)代表と面会

「尹大統領もウクライナ再建会議に出席を」

 ドミトロ・ポノマレンコ駐韓ウクライナ大使は3日、「韓国政府に対して武器の支援を希望する」と述べた。ウクライナのゼレンスキー大統領も今年4月11日に韓国国会図書館で行われたオンライン演説で「ウクライナは航空機や戦車などさまざまな軍事技術を必要としている」「韓国はウクライナを支援できる」と発言した。

 ポノマレンコ大使はこの日、韓国国会で、近くウクライナを訪問予定の韓国与党・国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)代表と面会した直後に記者団の取材に応じ、記者団からの「韓国政府による武器支援を希望するか」との質問に「強く希望する」と答えた。ポノマレンコ大使は「ウクライナ政府は、韓国がウクライナとの協力と軍事支援において中心的に動くことを希望している」と訴えた。

 李代表のウクライナ訪問については「アジアの国会からウクライナを訪問するのは今回が初めて」として「今回の訪問がウクライナに有益な結果をもたらすことを期待している」と述べた。

 ポノマレンコ大使は「二国間の協力に関するあらゆる議題が今回の訪問で話し合われるだろうし、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領からのメッセージもウクライナ政府に伝えられるだろう」「両国間の議題を発展させるためのウクライナ政府からのメッセージも(韓国側に)伝えられるはずだ」との見通しを示した。

 「李代表は尹大統領の親書を持っていくのか」との質問には「李代表は尹大統領のメッセージを伝える予定だと話した」としながらも「これが親書の形になるとは考えていない」とも述べた。

 ポノマレンコ大使はさらに「尹大統領と韓国政府高官が来月初めにスイスのルガーノで開催されるウクライナ再建カンファレンスに出席することを希望する」ともコメントした。この会議は来月4-5日(現地時間)に開催される。

ソン・ドクホ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ドミトロ・ポノマレンコ駐韓ウクライナ大使/聯合ニュース

right

あわせて読みたい