貸出金利が7%台まで上がったら…韓国人の月収の7割は住宅ローン返済に消える

貸出金利が7%台まで上がったら…韓国人の月収の7割は住宅ローン返済に消える

 昨年上半期、住宅ローンや無担保融資などで5億ウォンを借り、ソウル市麻浦区にマンション(専有面積59平方メートル)を購入した会社員のPさん(32)は最近、週末ごとに出前のアルバイトをしている。昨年230万ウォン(約23万9000円)だったローンの元利返済額が270万ウォンに増え、生活費が足りなくなったためだ。Pさんは「妻と共稼ぎをしているのに、ローン返済で1人分の月給がほとんど出ていく。急騰する賃貸保証金に耐えかねてマンションを購入したところ、住宅価格は上がらず、貸出金利だけが恐ろしく上昇し、生活がさらに苦しくなった」と話した。

 韓国銀行が昨年8月から政策金利を4回も引き上げ、市中の貸出金利が急上昇。最近1-2年間に資金をかき集めてマイホームを買った20-30代の間では「元利返済で困窮している」という訴えが聞かれる。現在の金利水準でも負担になるのに、年末までに住宅担保ローンの金利が7%台に達するとの見方もある。民間の調査結果によると、金利が7%に上がれば、ローンを利用してソウルで標準的な専有面積84平方メートルのマンションを購入した人による毎月の元利返済額は300万ウォンに迫る見通しだ。

■金利が7%まで上昇すれば、返済額40%増

 不動産情報業者「チクパン」は13日、昨年から今年4月までの期間にソウル市で売買されたマンションの平均価格に基づき、金利変動に伴う購入者の元利返済負担をシミュレーションした結果を発表した。今年のソウル市の専有面積84平方メートルのマンション価格は平均12億8582万ウォン。 それをLTV(住宅担保認定比率)の上限まで金利4%、30年満期の元利均等返済方式で融資を受けて購入した場合、毎月の返済額は209万ウォンになる。しかし、金利が7%に上がれば、返済額は291万ウォンとなり、39%(82万ウォン)も増える。

 また、ソウルで専有面積59平方メートルのマンションを平均価格(9億4604万ウォン)で購入し、最大限度の3億7000万ウォンの融資を受けると仮定した場合、返済額負担は金利が4%の場合176万ウォンだが、金利7%が現実になれば、246万ウォン(40%)増える。

【図】金利変動に伴うソウルのマンション購入者の元利返済額変化

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 貸出金利が7%台まで上がったら…韓国人の月収の7割は住宅ローン返済に消える
  • 貸出金利が7%台まで上がったら…韓国人の月収の7割は住宅ローン返済に消える

right

あわせて読みたい