RM「ラップする機械になった」…疲労感訴えるBTS、入隊前に各自の道へ

人気絶頂のBTS なぜグループ活動一時休止?

 男性アイドルグループBTS(防弾少年団)が突然、「グループ活動休止」を発表した背景をめぐって、さまざまな見方が出ている。所属事務所BIGHIT MUSIC(ビッグヒット・ミュージック/HYBE(ハイブ)側は「グループ活動をこれから一切しないというわけではなく、再充電と個人活動集中のためのもの」と明らかにした。しかし、メンバーたち自身が泣きながら「休むのは申し訳ない」とまで話すことになった背景には、いくつかの見方がある。

■「燃え尽き症候群」訴える…「方向性失った」

 デビュー以来、米ビルボードの頂上に立つまで、9年間休みなく走ってきた間の疲労はたまる一方だった。アルバムリリースにコンサート、番組出演など休むことなく追い込まれるK-POPアイドル活動の特性上、「BTSは『バーンアウト(燃え尽き症候群)』になったのではないか」という指摘もある。BTSは特に毎年大規模な海外公演を行い、曲をリリースしてきた。グラミー賞など海外の授賞式や、ビルボードなど海外チャートで良い記録を出すたびに「国威宣揚」という看板を背負っていたことも負担になったという見方もある。

 事実、メンバーたちは動画共有サイト「ユーチューブ」公式チャンネルの動画で数回、「方向性を失った」と告白している。リーダーのRM(アールエム)は「『Dynamite(ダイナマイト)』『Life Goes On(ライフ・ゴーズ・オン)』までは僕らのグループが自分の手のひらの上にある感じだったが、その後の『Butter(バター)』『Permission to Dance(パーミッション・トゥ・ダンス)』からは自分たちがどんなグループなのかよく分からなくなった」と語った。BTSは『Dynamite』(2020年)の時から英語シングル曲リリースやワールドツアー、海外活動に力を入れてきた。その一方で、それまで共に力を入れてきた韓国語のフルアルバムリリースや韓国国内での活動はほとんどなくなった。

 「申し訳ない」という表現も使った。RMは「K-POPアイドルシステムそのものが人を熟成(成長)させるまでそのまま置いておかない」「朝からヘアやメイクなどをして何かを撮らなければならないから成長する時間がない」とつらさを口にした。そして、「10年間、こうしてBTSのスケジュールをこなしてきたが、僕は(音楽的にも人間的にも)熟成(成長)できなかった」「ラップする機械になり、英語を一生懸命話せば僕の役割は終わった」と言った。

 メンバーのSUGA(シュガ)は「一番つらいのが歌詞を書くこと」「いつも苦しんで、絞り出す。でも今は本当に言葉が出ない」と語った。BTSはこれまで連作アルバム『花様年華』シリーズなどでさまよう青春に関する自伝的歌詞により全世界のファンたちに愛されてきた。しかし今ではそうした歌詞を書く力が「枯渇した」という告白が飛び出したのだ。彼らは自分たちの心情を「新曲『Yet to come(ヤット・トゥ・カム)』(新曲『Proof(プルーフ)』のリード曲)の歌詞に込めた」とも言った。同曲には次のような歌詞がある。「みんないつからか/言っている 僕らのことを最高だと/どれも知ることのできないnames(名前)/今では重いだけ」

【図】数字で見るBTS

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲BIGHIT MUSIC
  • RM「ラップする機械になった」…疲労感訴えるBTS、入隊前に各自の道へ

right

あわせて読みたい