なぜポケモンに熱狂するのか? 答えは「スローガン」にある

ポケモンパン、雨傘、コスメ用品の容器、スマホのアクセサリーまで販売
ゲームに出てくるポケモンを全て捕まえるように、多様な製品を集めることで面白みを実感

 今年2月のSPC三立によるポケモンパン再販で始まった韓国のポケモンブームは、簡単には姿を消さない。ポケモンのステッカーが入っているポケモンパンを買おうと思ったら、いまだに、毎朝早くから大手スーパーの入り口で待つ「オープンラン」をしないといけない。SPCグループのバスキン・ロビンスは、ポケモン人気に便乗して「ポケモンキッズ雨傘」「ピカチュウコンテナ」などさまざまな商品を送り出している。LG生活健康・E-LANDワールドなど他の消費財企業もまた、ポケモンのキャラクターを利用した商品を相次いで発売した。サムスン電子も最近、ポケモン関連のスマートフォン用アクセサリーをリリースしたが、ほんの数時間で売り切れになっている。

■一時の流行ではなくファッションになったポケモン

 ポケモンブームは、今回が初めてではない。ポケモンは既に世界で最も多くの収益を上げている人気コンテンツで、韓国でも多くの人気を集めた。特に、2017年の拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGO」韓国サービス開始や、ポケモンパン再販時のような特定のきっかけがあるたびに、関連サービスが集中する現象が見られる。淑明女子大経営学部のソ・ヨング教授は「ポケモンの人気は、一瞬輝くだけの一時の流行(fad)ではなく、周期的に繰り返されるファッション(fashion)になったと見ることができる」と語った。

 ポケモンのコンテンツの流行は、韓国でのみ起きている現象でもない。韓国でステッカー集めがブームになっているように、米国ではポケモンカード集めがブームになっている。昨年9月、AP通信は「米国人が、ポケモンカードのように子どものころの郷愁が宿るコレクションに狂ったように執着している」と報じた。今年3月には、米国のオークションサイトで、1999年に発売されたポケモン「リザードン」の初版カードが33万6000ドル(現在のレートで約4520万円)で落札されたこともある。


前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲サムスン電子が5月20日午前10時から販売を始めた「Galaxy Buds2 ポケモン・モンスターボール・カバーパッケージ」はわずか8分で完売した。/写真=サムスン電子
  • なぜポケモンに熱狂するのか? 答えは「スローガン」にある

right

あわせて読みたい