中国、韓国と日本のNATO首脳会議参加に反対…米国「中国に拒否権はない」

中国が韓国の出席に反対

米国「中国がそれを言う権利はない」

尹錫悦政権はブリュッセルにNATO代表部設置へ

 今月29-30日にスペインのマドリードで開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に韓国から尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が出席するが、これに中国が事実上反対の立場を表明した。これに対して米ホワイトハウスは「中国は韓国が何の会議に出席するかに関する拒否権はない」として即座に反論した。NATO拡大をめぐって米国と中国が衝突する形だ。

 中国外交部(省に相当)の汪文斌報道官は23日(現地時間)の会見で、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの首脳がNATO首脳会議に出席することについての質問に「アジア・太平洋は北大西洋の地理的範囲に属さない」「この地域の国々と人民は、いかなる形態の軍事集団の引き入れや分裂対抗の扇動に反対する」と述べた。汪報道官はさらに「国家間の関係発展は世界の平和と安定にとってプラスにならなければならず、第三国を念頭にその利益を侵害してはならない」とも主張した。事実上反対の立場を表明したものだ。

 汪報道官はNATO首脳会議で中国への対抗策が議題となることについても「すでに欧州を混乱に陥れたNATOがアジア太平洋地域と世界を再び混乱に陥れてはならない」と批判した。汪報道官は「NATOは冷戦の遺産であり米国中心の軍事同盟だ。米国の覇権を守り欧州の安全を操る道具でもある」「NATOは明らかに北大西洋の軍事組織だが、最近はアジア太平洋地域でも威勢を張り欧州での『集団対抗』をこの地域で複製しようと試みているが、これは非常に危険なことだ」と批判した。

 これに対して米ホワイトハウス国家安全保障会議のカービー戦略広報担当調整官はブリーフィングの際、韓国に関する質問に「中国は、4韓国が何の会議に出席するかに関する拒否権はない」と反論した。カービー調整官は「我々が欧州で見たような領土と主権に対する同じ種類の攻撃はインド・太平洋でも起こりかねない」「韓国はどこの国よりもこれを良く理解している。そのため韓国がその(NATO)会議に関与することは重要だ」と述べた。

 尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領のNATO首脳会議出席に対する中国の反発について韓国大統領室の関係者は「包括的な安全保障ネットワークの拡大と深化のためにNATO首脳会議に出席するわけだが、これを反中・反ロシア基調への転換と解釈する必要はない」と述べた。大統領室の別の関係者は「自由民主主義陣営の首脳たちが集まり、連帯を確認する多国間外交舞台への参加について、これを韓国が特定の国に反対する戦線の先頭に立つと解釈するのは論理の飛躍だ」と指摘した。

 1949年に結成されたNATO首脳会議に韓国の大統領が出席するのは今回が初めてだ。韓国は2006年にNATOと非軍事面で協力する「グローバルパートナー国」になった。今年5月にはアジアの国として初めてNATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)に正会員として加入した。韓国はNATOとの協力を強化するためベルギーのブリュッセルにNATO駐在韓国代表部を設置する計画だ。日本やオーストラリアなどはすでにNATO駐在代表部を運営している。

 これについて中国国営の環球時報英語版は24日、自国の専門家の話として「米国が中国包囲戦略のために日本など太平洋諸国をNATOに加盟させるのは不可能だ」と主張した。物価上昇など米国では国内問題が山積しているため、太平洋諸国は中国との関係悪化を負担に感じているからだという。黒竜江省社会科学院東北アジア研究所のダ志剛(ダは、たけかんむりに旦)所長は環球時報に「日本とオーストラリアが『中国脅威論』で対話をリードする可能性は排除できないが、このテーマは韓国とニュージーランドの歓迎を受けられないだろう」と指摘した。

北京=パク・スチャン特派員

ワシントン=金真明(キム・ジンミョン)特派員


<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ソウル市竜山区の大統領室庁舎で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議出席についてブリーフィングを行う韓国大統領室の金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長。22日午後撮影。/聯合ニュース

right

あわせて読みたい