韓国・双竜自 KGコンソーシアムが買収へ=来月本契約

韓国・双竜自 KGコンソーシアムが買収へ=来月本契約

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車5位で経営再建中の双竜自動車の最終買収予定者に、化学事業などを手掛けるKGグループを主軸として構成されたKGコンソーシアムが選ばれた。企業再生を扱うソウル回生裁判所が28日、発表した。

 双竜自動車は電動バスメーカーのエジソンモータースとのM&A(合併・買収)契約を解消した後、「ストーキング・ホース」(買収予定者と条件付き投資契約を結んで公開入札を行い、買収者を確定する)方式で売却を進めてきた。

 同社はKGコンソーシアムを買収予定者として条件付き投資契約を締結し、公開入札の手続きを踏んだ。公開入札では繊維メーカー・サンバンウルのグループ会社で構成されたクァンリムコンソーシアムが買収意向書を提出し、KGコンソーシアムと最後まで競り合った。

 双竜自動車の売却主幹事であるEY韓英会計法人はこの日、KGコンソーシアムを最終買収者に決定し、裁判所に承認許可申請書を提出。裁判所もこれを承認した。

 双竜自動車は来月初めにKGコンソーシアムと本契約を締結し、同月末に関係人集会を開いて経営再建案に対する債権団の同意を得る予定だ。

 KGコンソーシアムは、買収代金3500億ウォン(約370億円)と経営資金6000億ウォンの計9500億ウォンを投じて双竜自動車を買収する計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国・双竜自 KGコンソーシアムが買収へ=来月本契約

right

あわせて読みたい