金浦―羽田線 きょう運航再開=2年3カ月ぶり

金浦―羽田線 きょう運航再開=2年3カ月ぶり

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2年3カ月にわたり運航を停止していた金浦(ソウル)―羽田(東京)の航空路線が29日に再開される。

 この日午前8時40分にはアシアナ航空の便が、午前9時には大韓航空の便がそれぞれ50~60人の乗客を乗せ、金浦空港から羽田空港に向かう。

 大韓航空とアシアナ航空は水曜日と土曜日の週2往復運航し、日本航空と全日本空輸もそれぞれ週2往復運航する。

 同路線の運航が再開し、金浦空港国際線ターミナルや免税店などの施設も運営を再開する。金浦空港の国際線ターミナルは目的地に着陸せずに海外上空を巡る国際遊覧飛行などで利用されるケースがあったものの、実質的には2年以上閉鎖された状態だった。

 金浦空港と日本を結ぶ路線は、今回の羽田便を皮切りに各地に拡大するとみられる。コロナ禍の前には、大阪便のほか、中国の北京や上海など5の国際線が運航されていた。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は就任前の4月に日本に派遣した政策協議代表団を通じて日本側に金浦―羽田線の運航再開を提案し、5月に訪韓した日韓議員連盟の幹部との面会でも運航再開の必要性を強調した。その後、両国の当局が協議を進め、今月21日に同路線の運航再開に合意した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 金浦―羽田線 きょう運航再開=2年3カ月ぶり

right

あわせて読みたい