韓国・双竜自動車の新オーナーはKGグループ、3355億ウォンで買収

韓国・双竜自動車の新オーナーはKGグループ、3355億ウォンで買収

 韓国・双竜自動車の新しいオーナーにKGグループが選ばれた。民事再生手続きを担当するソウル回生裁判所は28日、KGグループを中心とする「KGコンソーシアム」を双竜自の買収者に選定したと発表した。肥料メーカーの京畿化学を母体として、1985年に設立されたKGグループは、KGスチール、KGケミカル、KGイニシスなど国内21社、海外8社の系列企業を持つ。公正取引委員会が発表した資産規模は5兆3460億ウォン(約5720億円)で、韓国財界で71位となっている。。

 KGグループは双竜自買収に約3355億ウォンの買収額を提示したとされる。過去に買収者に決まっていたエジソンモーターズが提示した3048億ウォンを300億ウォン上回る。KGグループと最後まで競合したサンバンウルグループは、KGグループより高い金額を提示したが、資金調達計画が不透明だったため脱落した。

 民事再生手続きが進められている双竜自動車は7月初め、KGコンソーシアムと本契約を締結後、関係者集会を開き、債権団の同意手続きを踏む予定だ。エジソンモーターズは債権者が保有する双竜自に対する債務の1.75%だけを現金で返済すると主張し、債権団の反対に直面したが、KGグループは現金返済率をそれより引き上げるとされ、債権団の説得は容易になるとみられる。双竜自の再生手続きは昨年4月15日に始まり、規定上は10月15日までに買収手続きを終えなければならない。

 ただ、新しいオーナーが決まり、再生手続きを終えたとしても、双竜自の経営が正常化するまでの道のりは多難だ。2017年以降の累積赤字で負債(連結ベース)が2兆ウォンに迫るほか、新車発売や電気自動車(EV)への転換でも困難に直面している。買収過程で事業再編と労使対立が新たな火種として浮上する可能性もある。

キム・アサ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国・双竜自動車の新オーナーはKGグループ、3355億ウォンで買収

right

あわせて読みたい