中国「尹錫悦政権が米国に依存すると韓中関係は複雑になる」

「NATO拡大、韓半島の緊張をあおる」
米・欧には「挑発的言行をやめよ」と要求

中国「尹錫悦政権が米国に依存すると韓中関係は複雑になる」

 米国と欧州の軍事同盟であるNATO(北大西洋条約機構)が戦略概念に初めて「中国の脅威」を盛り込む予定となる中、中国政府は28日、「虚偽の事実への言及と挑発的言行を即刻中止すべき」とした。

 中国外交部(省に相当)の趙立堅報道官は、同日開かれた記者会見で「NATOは早くから、個別国(米国)が覇権を維持するための道具へと転落した」「(NATOは)仮想の敵をつくる陣営対立の冷戦思考から変わっていない」とし「いわゆる新戦略概念文書は、古い酒を新しいボトルに入れたものにすぎない」とも発言した。

 中国国内ではこれまで、ロシアと対峙(たいじ)している米国と欧州は「同時2方面対決」を避けるため、中国との摩擦を「止揚」するだろうとの予想も出ていた。今月に入って、米中国防トップが2者会談を行い、米国ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と中国共産党の楊潔チ政治局委員(外交担当)もルクセンブルクで対面を果たした。

 ところが韓国、日本などアジア・太平洋方面における米国の同盟国がNATOとの協力を強化し、米国が台湾との経済・軍事協力をスピードアップしたことで、中国はデリケートに反応している。中国の『環球時報』英文版は28日、中国の専門家らの話を引用して「米国がアジアの同盟国との対話を通してNATOのアジア・太平洋地域への拡大を促進するのは、韓半島の緊張をあおるもの」だとし「尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が米国に依存して次第に外交的独立性を喪失する場合、中国との関係は一段と複雑になるだろう」と伝えた。

北京=パク・スチャン特派員

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 中国「尹錫悦政権が米国に依存すると韓中関係は複雑になる」

right

あわせて読みたい