尹大統領 きょう韓米日首脳会談・NATO首脳会議に出席

【マドリード聯合ニュース】スペイン・マドリードを訪問している韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は29日(日本時間、以下同じ)、韓米日首脳会談と北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する。

 米国のバイデン大統領、日本の岸田文雄首相との首脳会談は午後9時半に始まる。3カ国首脳による会談は、2017年9月の国連総会に合わせて開催されて以来4年9カ月ぶり。会談では北朝鮮核問題を巡る3カ国間の協力強化や経済安全保障戦略が主な議題となる見通しだ。

 また、尹大統領は午後10時からNATO首脳会議に出席し、韓国大統領として初めて演説を行う。NATO加盟国とパートナー国に対して「自由と平和は国際社会の連帯によってのみ保障される」というメッセージを伝える予定だ。

 北朝鮮核問題に関しては、NATOが韓国を一貫して支持してきたことを評価し、北朝鮮非核化のためのNATOの持続的な協力を呼びかけると予想される。

 今回のNATO首脳会議にアジア・太平洋のパートナー国として招待された韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国による首脳会談の開催可否も注目される。

 尹大統領はこの日、オランダ、ポーランド、デンマークとそれぞれ首脳会談を行い、欧州に対するトップセールス(経済外交)に乗り出す。スペイン国王との面会も予定されている。

 尹大統領夫人の金建希(キム・ゴンヒ)氏は、NATO首脳会議の配偶者向けプログラムに出席するほか、王宮、王立ガラス工場、ソフィア王妃芸術センターなどを訪問する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい