尹大統領がマドリードで岸田首相と初対面 「韓日関係を未来志向に」

【マドリード、ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は28日(現地時間)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(29~30日)が開かれるスペイン・マドリードで同国の国王フェリペ6世が主催する晩さん会に出席し、日本の岸田文雄首相と初めて対面した。

 韓国大統領室によると、尹大統領と岸田首相は3~4分ほど言葉を交わしたという。

 まず岸田首相が尹大統領の就任と今月1日の統一地方選の勝利を祝い、尹大統領は岸田首相も7月10日の参院選で良い結果を得られるよう願っていると応じた。

 また、尹大統領が「参院選後に、韓日間の懸案を速やかに解決して(両国関係を)未来志向に進める考えを持っている」と述べると、岸田首相は感謝の意を示し、より健全な両国関係に発展させるため努力しようと呼び掛けた。両首脳は、29日(現地時間)に開く韓米日首脳会談などの場で対話を続けていくことを申し合わせたという。

 NATO首脳会議に合わせたマドリードでの韓日首脳会談は開かれない見通しで、予想されていた両首脳の略式会談も行われないことになった。こうした中、両首脳が晩さん会で「遭遇」する形で言葉を交わしたようだ。会談の白紙化を巡っては、選挙を控え、韓国との首脳会談で歴史など政治的に敏感な問題が取り上げられることを負担に感じた日本側の雰囲気も一因とみられている。

 尹大統領は、大統領選で当選した直後の3月11日に岸田首相と電話で15分間会談した。就任式が開かれた先月10日には林芳正外相と面会し、岸田首相の親書を受け取った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい