北朝鮮に大型風船で再び医薬品送る 韓国脱北者団体

【仁川聯合ニュース】韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」は29日、新型コロナウイルスの感染が広がる北朝鮮に向け、マスクや薬を大型風船で飛ばしたと明らかにした。

 同団体の朴相学(パク・サンハク)代表は聯合ニュースに、「28日夜に(北朝鮮に近い)仁川・江華島から鎮痛剤8万錠、ビタミンC3万錠、マスク2万枚を大型風船20個に付けて北に送った」と伝え、その様子を収めた写真を公開した。

 風船には「韓国国民と在米同胞の真心と支援により『悪性伝染病(新型コロナ感染症)』の治療薬を送る」と記した垂れ幕も取り付けた。

 同団体は北朝鮮の体制を批判するビラを北朝鮮に向けて飛ばす活動を行ってきた。北朝鮮での新型コロナ感染拡大が伝えられると、ビラの散布を一時停止し、代わりに医薬品を大量に送る計画を発表した。

 韓国統一部は計画を実行に移さないよう遠回しに求めていたが、同団体は今月7日、京畿道・抱川から5日に薬やマスクを大型風船20個で北朝鮮に送ったことを明らかにした。今回は2回目の送付となった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい