尹大統領 経団連会長と面会=韓日交流活性化を議論

尹大統領 経団連会長と面会=韓日交流活性化を議論

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は4日、大統領室で経団連の十倉雅和会長らと面会した。

 韓国側からは金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長や金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長、崔相穆(チェ・サンモク)経済首席秘書官らが同席した。

 十倉会長らは韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)との「韓日財界会議」に出席するため、韓国を訪問した。同会議が開かれるのは3年ぶりとなる。

 大統領室関係者は面会前、「韓日の経済と人的交流の活性化について議論する」と明らかにした。

 全経連と経団連は、両国経済界の相互理解を促進し、親睦を図ることを目的として1982年に韓日財界会議を初開催し、翌年から毎年定例で行ってきた。2020年と21年は新型コロナウイルスの影響で開催が見送られた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 尹大統領 経団連会長と面会=韓日交流活性化を議論

right

あわせて読みたい