野球:李大浩14シーズン連続100安打・10本塁打記録

打率3割5分…李政厚抜き1位に

野球:李大浩14シーズン連続100安打・10本塁打記録

 ロッテ・ジャイアンツの李大浩(イ・デホ、40)はKBO(韓国野球委員会)リーグで14シーズン連続100安打(通算4回目)、14シーズン連続10本塁打(通算8回目)を同時に達成した。李大浩は6日、仁川・文鶴球場で行われたSSG対ロッテ戦の3回表、2回目の打席でSSG先発投手ノ・ギョンウンを攻略し、センター前ヒットをたたき出して100安打を達成した。李大浩はデビュー4年目だった2004年から韓国国内でプレーしたすべてのシーズンで3けた安打を記録している。日本のオリックス・バファローズとソフトバンク・ホークスに所属していた2012年から2015年にかけても毎年平均150本のヒットを出していた。米大リーグ(MLB)のシアトル・マリナーズ所属だった2016年だけは104試合出場・74安打でシーズンを終えている。

 李大浩は6回表にSSGの投手チェ・ミンジュンから今季第10号本塁打も出した。KBOリーグ14シーズン連続、韓国・日本・米国リーグを合わせて19シーズン連続2けた本塁打だった。韓国で14シーズン連続100安打・10本塁打を記録した選手は梁埈赫(ヤン・ジュンヒョク)=引退=に続き李大浩が2人目だ。今シーズン終了後に引退する李大浩は同日、本塁打を含め5打数4安打(3打点2得点)の猛打で打率を3割4分3厘から3割5分に上げ、キウム・ヒーローズの李政厚(イ・ジョンフ、3割4分2厘)を上回り、再び打率ランキング首位に躍り出た。

成鎮赫(ソン・ジンヒョク)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 野球:李大浩14シーズン連続100安打・10本塁打記録

right

あわせて読みたい