韓国・釜山市と下関市の小学生 オンライン授業で交流

韓国・釜山市と下関市の小学生 オンライン授業で交流

【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山市は7日、同市の青東小学校と日本の下関市立向井小学校の6年生の児童がオンライン交流授業を行うと発表した。

 この日午前10時半から約90分間英語で行われる交流授業には、青東小の児童23人と向井小の児童44人が参加する。 

 授業では、自己紹介に続いて学校紹介映像の視聴と感想の発表、児童全員が参加するゲームなどが行われる。

 両国の児童は、親近感を高めるため事前に手紙とおやつを交換した。

 また、釜山市に派遣された下関市の職員が6月に青東小を訪問し、下関市を紹介するとともに日本語を教えた。下関市に派遣された釜山市の公務員も、同時期に向井小で釜山市を紹介した。

 両校は10月にもオンライン交流授業を行い、11月までさまざまな交流事業を実施する予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国・釜山市と下関市の小学生 オンライン授業で交流

right

あわせて読みたい