米国人観客5000人が韓国語で熱唱「BTSが引退してもK-POP人気は続く」

米ニューヨークで開催「コリア歌謡祭」でBrave Girls & AleXaがライブ公演

米国人観客5000人が韓国語で熱唱「BTSが引退してもK-POP人気は続く」

 「あなた、私に言って 愛してるって Rollin’(ローリン) Rollin’ Rollin’ Rollin’」

 10日夕(現地時間)、米ニューヨーク市マンハッタンのセントラルパークは韓国軍部隊の慰問公演会場かと見まごうほどに熱く盛り上がっていた。部隊慰問公演で人気に火がつき、初の米国ツアーに出た「軍統領」こと4人組K-POP女性アイドルグループBrave Girls(ブレイブ・ガールズ)がピンクの衣装でステージに立ち、ヒット曲『Rollin’(ローリン)』を歌うと、観客5000人余りが総立ちになって夢中でリズムに乗り、歌を韓国語で一斉に歌った。「Brave Girlsにじかに会えるなんて夢のよう」と振り付けを正確にまねたり、ライブパフォーマンスをスマートフォンで真剣な顔をして動画撮影したりするニューヨーカーたちでいっぱいだった。

 このイベントは、ニューヨーク市がセントラルパークで毎年夏に開催する音楽祭「サマー・ステージ」の一環として、ニューヨーク韓国文化院、ニューヨーク市公園財団、韓国文化体育観光部が共催した「コリア歌謡祭」だ。2017年に初めて開催されたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行で中止され、今年が3回目となる。この日、Brave Girlsのほかに、やはり米国ツアー中の男性アイドルグループGolden Child(ゴールデン・チャイルド)、米NBC放送の「アメリカン・ソング・コンテスト」でこのほど優勝した韓国系米国人歌手AleXa(アレクサ)らが出演し、2時間以上にわたり華やかなパフォーマンスを繰り広げた。

 この会場で会った米国人たちはK-POPに対する熱い思いを見せた。年齢も10代から60代までとさまざまだった。ニューヨーク市クイーンズに住む女性タリサさん(39)は「私は『H.O.T.(エイチオーティー)世代』で、2NE1(トゥエニーワン)とBIGBANG(ビッグバン)の熱狂的なファン。『最近の子たち』はよく分からない」と笑った。そして、「Brave Girlsはアンダードッグ(underdog=社会的弱者)に希望を与えるグループなので特に好き。何か親しみやすい感じがする」と語った。彼女の友人タミーさん(40)は「K-POPは歌をはじめダンス、プロデュース、ファッションとパフォーマンスなどすべてが完ぺき」「特に歌手たちのコンセプトや歌詞の内容は建設的だしポジティブでいい。最近の米国のポップスはそういうものがない」と言った。

 3時間かけてペンシルベニアからきょうだいで一緒にわざわざ来たという大学生ファイズさん(22)は「私はBTS(防弾少年団)の歌を韓国語ですべて歌える。Golden ChildのようなK-POP男性アイドルグループのシャープなフォーメーションダンスが大好き」「BTSは休む資格がある。人類のために多くのことをした」「BTSが引退してもK-POPは永遠だろう」と語った。

ニューヨーク=鄭始幸(チョン・シヘン)特派員

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 米国人観客5000人が韓国語で熱唱「BTSが引退してもK-POP人気は続く」
  • 米国人観客5000人が韓国語で熱唱「BTSが引退してもK-POP人気は続く」

right

あわせて読みたい