世界陸上 走り高跳びで韓国の禹相赫が銀メダル

世界陸上 走り高跳びで韓国の禹相赫が銀メダル

【ソウル聯合ニュース】陸上の世界選手権は19日(日本時間)、米オレゴン州ユージンで行われ、男子走り高跳び決勝で韓国の禹相赫(ウ・サンヒョク、26)が2メートル35を跳び、銀メダルに輝いた。

 世界陸上の屋外競技で韓国選手がメダルを獲得したのは、2011年大邱大会の20キロ競歩で銅メダルを獲得した金賢燮(キム・ヒョンソプ)以来2人目。

 この日決勝に出場した13人のうち最初に試技に臨んだ禹は、2メートル19、2メートル24、2メートル27、2メートル30を全て1回でクリア。2メートル33は2回失敗したが、3回目は完璧な姿勢でバーを越えた。2メートル35も2回目の試技で成功した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 世界陸上 走り高跳びで韓国の禹相赫が銀メダル

right

あわせて読みたい