尹大統領 岸田首相に「信頼できるパートナー」=外相にメッセージ託す

尹大統領 岸田首相に「信頼できるパートナー」=外相にメッセージ託す

【東京聯合ニュース】訪日している韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は19日、首相官邸を訪れて岸田文雄首相と面会し、両国関係の改善に向けた尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の強い意志を伝えた。

 面会は約20分間行われた。朴氏は面会後、記者団に対し、岸田首相に尹大統領の口頭メッセージを伝達したと明らかにした。メッセージは「北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を機に岸田首相と数回場を共にし、岸田首相を信頼できるパートナーとして韓日両国の友好協力関係の発展のため共に努力していけると確信した」として、「外交部長官の訪日を機に、両国の関係改善と修復の流れが一層加速することを期待する」と強調。「今後、首相と緊密に意思疎通しながら協力することを望む」と表明した。また、安倍晋三元首相が銃撃され死去したことに関し、「故人の冥福を祈り、遺族と日本の国民にお悔み申し上げる」と伝えた。

 朴氏は「岸田首相は非常に真摯(しんし)な態度で大統領のメッセージを傾聴した」とし、岸田首相はNATO首脳会議で尹大統領と良い会話をし、今後もそのような会話が続くことに期待を示したと紹介した。

 朴氏は「岸田首相に対し、両首脳が都合の良い時期に会って新しい韓日関係を築くため会話することを期待すると伝えた」と明らかにした。ただ、「(首脳会談について)決まったことはない」とし、「さまざまな懸案の大まかな解決策が示され、両国のコンセンサスが形成されれば、自然に首脳会談が行われると思う」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 尹大統領 岸田首相に「信頼できるパートナー」=外相にメッセージ託す

right

あわせて読みたい