サッカー中国代表監督「韓国はW杯クラスのチーム…強すぎる」

 【NEWSIS】サッカー韓国代表が2022年EAFF E-1サッカー選手権(東アジア E-1サッカー選手権)の初戦で中国に勝ち、4大会連続優勝に向けて順調なスタートを切った。

 パウロ・ベント監督率いる韓国代表チームは20日午後7時、愛知県豊田市のトヨタ・スタジアムで行われた中国との今大会第1戦で、相手チームのオウンゴールと権昶勲(クォン・チャンフン)、チョ・ギュソン=以上、金泉尚武FC=の連続ゴールで3-0と完勝した。

 ボール支配率が高いのにもかかわらず、中国の密集した守備に苦戦した韓国だが、前半39分に相手選手のオウンゴールで先に得点し、後半には立て続けに2ゴールを決めた。

 中国の指揮を取ったセルビア出身のアレクサンダル・ヤンコビッチ監督は記者会見で、「ワールドカップ・クラスのレベルが高いチームと対決した」「中国としては完ぺきな競技運営をしなければならない。精神力ではいつも通りだったし、戦力分析が必要だ。十分準備したが、韓国の方が一枚上だった」と評した。

 韓国はこれまで中国と36回対決して21勝2敗13引き分けと圧倒的に優勢だ。

パク・チヒョク記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲パウロ・ベント韓国代表監督=写真右=とアレクサンダル・ヤンコビッチ中国代表監督=同左=。写真提供=大韓サッカー協会

right

あわせて読みたい