森保監督「韓国に対してコンプレックスは全くない」=E-1選手権

 【NEWSIS】韓国が2022年EAFF E-1サッカー選手権(東アジア E-1サッカー選手権)最終戦で宿敵・日本に完敗した。このため、韓国のE-1選手権4連覇は消えた。

 パウロ・ベント監督率いる韓国は27日午後7時20分、愛知県豊田市の豊田スタジアムで行われた同選手権男子最終戦で、日本に対し後半に連続3ゴールを奪われ0-3で完敗した。

 日本の強いプレッシャーに耐えられず、韓国のDFは相手のスムーズなパス回しに力なく崩れた。

 これで韓国(2勝1敗、勝ち点6)は日本(2勝1分け、勝ち点7)に首位の座を明け渡し、4大会連続優勝が消えた。日本は2013年大会以来、9年ぶり通算2度目の優勝となった。

 何よりも韓国は、昨年3月に横浜で行われた試合に0-3で負けたのに続き、今回も惨敗した。

 しかも、今年6月8日に16歳以下(U-16)の韓国代表チームが日本に0-3で負け、それからわずか四日後には黄善洪(ファン・ソンホン)監督率いる23歳以下(U-23)の韓国代表チームもアジア・サッカー連盟(AFC)U-23アジアカップで日本に0-3で敗れている。

 A代表も年齢別代表もライバルと言われる日本に0-3で4戦全敗しているのだ。

 日本の森保一監督は、「A代表チームもユース・チームも韓国に勝っている。かつては韓国を苦手としていたが、克服したのか」という日本の報道陣の質問に、「その通りだ」と同意した。

 そして、「今の選手たちは韓国に対してコンプレックスやメンタル的に引けを取っているところはまったくない」「自分たちのやることにフォーカスできるし、どの国と戦っても互角に戦える。アジアの国と戦うのであれば、より高い確率で勝てるという自信を持っているのではないかと思う」と自信を見せた。

 この日の試合については、「(優勝のために)勝たなければいけないなかで、選手たちがそのプレッシャーに動じることはなかった」「魂を込めて『勝つんだ』という気持ちを出し、ハードワークをして球際の部分を制して3得点できた」と語った。

 その上で、「選手たちは今大会を通じて自分たちの価値とJリーグの価値を上げるために、自信を持って戦ってくれた」と言った。

 最後に、同監督は「優勝を目指してきたなかで、選手たちは日々、努力してくれた。初めて組む選手も多いなかで、こんな短時間で機能したのは間違いなく選手たちがピッチの内外でコミュニケーションを取ってくれたことが良い結果につながったと思う」と評価した。

パク・ジヒョク記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ベント韓国代表監督 森保一・日本代表監督 写真=NEWSIS

right

あわせて読みたい