韓国文化相「日本は約束した措置の履行を」 軍艦島での強制労働巡り

韓国文化相「日本は約束した措置の履行を」 軍艦島での強制労働巡り

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴普均(パク・ボギュン)文化体育観光部長官は28日の国会への業務報告で、日本が朝鮮半島出身者の強制労働があった長崎県の端島炭坑(軍艦島)などを世界文化遺産に登録した際の約束を守っていないことについて問われ、「日本は約束した措置を忠実に履行すべきだ」と述べた。「佐渡島の金山、軍艦島など世界文化遺産に関連して歴史の歪曲(わいきょく)がないよう、外交部と緊密に協力していく」とも語った。

 日本政府は2015年、軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録の際、強制労働を含む全体の歴史を理解できるよう措置を取ると約束したが、いまだに履行していない。

 日本は、朝鮮半島出身者の強制労働のもう一つの現場である佐渡島の金山(新潟県)の世界文化遺産登録も目指している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国文化相「日本は約束した措置の履行を」 軍艦島での強制労働巡り

right

あわせて読みたい