再燃したTHAAD論争…中国「三不を守れ」、米国「中国の安全保障を脅かしてはいない」

朴振(パク・チン)外相の訪中を前に再び火が付いたTHAAD論争
朴外相の「三不維持は難しい」との発言に中国が圧力「慎重に行動せよ」
米国「THAADは防衛目的で配備」「同盟間の協議で運用される」
米国防総省と国務省も中国に対して同時に反論

 中国が韓国に対し「在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)三不」の維持を求めていることについて、米国防総省と国務省が「THAADに関する決定は韓米の合意に従う」「THAAD配備は韓米同盟の決定事項」と反論した。「THAAD三不」とは2017年10月に当時の文在寅(ムン・ジェイン)政権が中国によるTHAAD報復に対処するため、「米国のMD(ミサイル防衛)に参加しない」「THAADを追加配備しない」「韓米日軍事同盟はしない」と表明し、これが「軍事主権の放棄」として大きな問題になった事案だ。中国政府が先日、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権に対し「THAAD三不を守れ」とメディアの前で要求したため、これに米国が「THAADは韓米両国が決めたこと」として中国の干渉に不満を示したのだ。韓国外交部(省に相当、以下同じ)の朴振(パク・チン)長官の訪中を前に「THAAD三不」が韓中両国の懸案として再び浮上した形だ。

 米国防総省のマーティン・メイナード報道官は28日(現地時間)、米政府系放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」に出演した際「THAADの配備と運用に関するいかなる決定も(韓米)両国の合意に沿って行われる」「THAADは外部の脅威から韓国の主権を守り、敵を阻止するため韓国政府の要請を受け韓半島に配備された。安全で信頼できる防衛システムだ」と述べた。米国務省報道官室も29日(現地時間)「米国と韓国は(2016年に)純然な防衛目的でTHAADを韓国に配備する同盟としての決定を下した」とコメントした。国防総省と国務省のいずれもTHAADについて「全面的に韓米同盟の事案」と強調し、「中国による三不合意維持の要求を一蹴した」と解釈されている。

 中国外交部の趙立堅・報道官は7月27日の定例ブリーフィングで「韓国は2017年にTHAAD問題について丁重な立場を表明した」「新しい指導者は過去の負債を無視できない。隣国の安全保障に関する重大かつデリケートな問題に対して韓国は引き続き慎重に行動すべきだ」と述べた。文在寅(ムン・ジェイン)前政権が2017年に表明した「THAAD三不」を尹錫悦政権も継承するよう公式の場で要求したのだ。中国国際問題研究所の楊希雨・研究員は中国国営のグローバルタイムズに「THAAD三不の約束を撤回すれば、両国関係と尹錫悦政権への信頼に大きな傷が付く」と指摘した。

 北朝鮮核問題6者協議で中国側首席代表を務める劉暁明・韓半島事務特別代表も同じ日にツイッターに「韓国が2017年に表明したTHAAD問題への態度は両国の相互信頼を高め、協力を深める重要な役割を果たした」「隣国の安全に関する重要かつデリケートな問題に対して韓国は慎重に行動し、根本的な解決策を見いだすべきだ」とツイートした。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲在韓米軍の高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の砲台。2017年9月7日撮影。/韓国国防部映像共同取材団

right

あわせて読みたい