韓国WKリーグ10連覇に挑む現代製鉄、日本人MF田中陽子を獲得

 【NEWSIS】女子実業団サッカー・リーグ「WKリーグ」10連覇に挑む仁川現代製鉄レッドエンジェルズが日本のベテランMFを獲得した。

 現代製鉄はスペイン女子サッカー・リーグのラージョ・バジェカーノ・フェメニーノなどでプレーしたMF田中陽子(29)と入団契約を結んだことを1日、発表した。

 田中は山口県出身で、INAC神戸レオネッサ、ノジマステラ神奈川相模原など日本のプロリーグで主力MFを務めた。

 また、2019年にはスペインに渡り、スポルティング・ウエルバを経てラージョ・バジェカーノ・フェメニーノで活躍した。

 デビュー時から日本女子サッカー界期待の星だった田中は、2010年17歳以下(U-17)ワールドカップ準優勝、2011年アジア・サッカー連盟(AFC)チャンピオンシップ優勝、2012年20歳以下(U-20)ワールドカップ3位などに輝いた。

 A代表チームではAマッチ4試合に出場している。

 田中は日本の女子リーグで通算139試合に出場し54ゴールを決めたほか、スペイン・リーグでは42試合・5ゴール(2020-21シーズン基準)という優れた成績を記録した。

 現代製鉄は「MF補強の見地から技量のある選手を獲得することになった」「攻撃連携能力とパスプレーに優れているので、大きな戦力になるだろう」と期待を見せている。

アン・ギョンナム記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲WKリーグの仁川現代製鉄レッドエンジェルズが入団させた日本人MF田中陽子(29)。写真提供=仁川現代製鉄レッドエンジェルズ

right

あわせて読みたい