日本年金機構 徴用被害者に「厚生年金脱退手当金」99円支払い

日本年金機構 徴用被害者に「厚生年金脱退手当金」99円支払い

【光州聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者1人に対し、日本年金機構が厚生年金脱退手当金として99円を支払ったことが3日、分かった。強制徴用被害者の支援団体「日帝強制動員市民の集まり」が明らかにした。厚生年金脱退手当金を巡っては、2009年にも韓国人女性らに99円が支払われ論議を呼んだこともあり、今回も物議を醸しそうだ。

 貨幣価値の変化は考慮されず、99円に相当する韓国ウォンが送金されたという。
 団体側は「あすに予定された記者会見で具体的な内容を明らかにする」と説明した。

 三菱重工業で働かされた被害者11人が昨年3月に行った厚生年金の加入記録の調査要請に対し、日本年金機構は記録がないと回答。しかし、被害者の1人が自身の年金番号を控えていたことから、日本の国会議員の協力などにより再調査が行われ、厚生年金に加入していた事実が確認された。

 団体側は4日午後に光州市で記者会見を行う予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 日本年金機構 徴用被害者に「厚生年金脱退手当金」99円支払い

right

あわせて読みたい