韓豪国防相 協力強化・合同演習活性化などで一致

韓豪国防相 協力強化・合同演習活性化などで一致

【ソウル聯合ニュース】韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官が4日、オーストラリアの首都キャンベラで同国のマールス副首相兼国防相と会談した。同部が伝えた。

 国防部によると両氏は今回の会談で、外交・国防閣僚会議(2プラス2)などを通じた協力の強化、2国間・多国間合同演習の活性化、宇宙分野・防衛産業分野での協力の活性化などを進めることで一致した。

 李氏は今回のオーストラリア訪問について、6月下旬の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席した韓国とオーストラリアの両首脳の会談内容を受けてのものとし、民主主義の価値を共有する両国が国防分野で協力を強化する必要があると強調した。 

 マールス氏はこれに同意し、価値を共有する両国の協力はインド太平洋地域おいてルールに基づいた国際秩序を構築するのに大きく寄与するだろうと応じた。

 またオーストラリアが今後10年にわたり国防力を画期的に増強する過程で、友好国である韓国との国防・防衛産業分野での協力が強化されることを希望すると述べた。

 李氏は5日に、韓国の軍需企業ハンファディフェンスの自走砲「K9」工場が建設されるジーロング市を訪れる計画だ。同市を地盤とするマールス氏も同行する。ハンファディフェンスは昨年12月にK9自走砲のオーストラリア向け輸出契約を結んでおり、この分野の韓国企業として初めて海外に生産拠点を設ける。

> 李氏はこの日、シンクタンクのオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)を訪問し、同研究所の専門家らとインド太平洋地域の安保情勢や韓国とオーストラリアの国防・防衛産業分野での協力に関して意見を交わした。 

 前日にはオーストラリアの朝鮮戦争参戦記念碑を訪れ、献花した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓豪国防相 協力強化・合同演習活性化などで一致

right

あわせて読みたい