駐中韓国大使館「THAAD『3不』、合意でも約束でもない」…中国の主張に反論

中国外交部の「THAADを巡る立場を維持せよ」という主張に高官が反論

 いわゆる「THAAD(高高度ミサイル防衛システム)3不」について、駐中韓国大使館の高官が5日「前政権が『合意でも約束でもない』と既に表明した」とし、「新政権が気にすべき古い帳簿(昔の借金という意味)があるのか疑問だ」と発言した。

 いわゆる「THAAD3不」とは、文在寅(ムン・ジェイン)政権が2017年10月、中国のTHAAD報復をなだめるため「米国のMD(ミサイル防衛)参加、THAADの追加配備、韓米日軍事同盟を行わない」という立場を表明したものだ。韓国外交部(省に相当)の朴振(パク・チン)長官は先月25日、国会の対政府質問で「中国が韓国と(THAAD3不を)約束したのだから守れというのは受け入れ難い」とし、「中国が、3不政策を主張するのではなく、北朝鮮の非核化のために建設的な役割を果たすことの方が重要」と発言した。

 すると中国外交部の趙立堅報道官は、二日後のブリーフィングで「新たな官吏(指導部)が過去の帳簿(昔の借金という意味)から目を背けることはできない。隣国の安全保障に関連する重大かつデリケートな問題について、韓国は引き続き慎重に行動すべき」と発言した。その後、劉暁明・中国外交部韓半島事務特別代表、国営メディア『環球時報』なども韓国に対し「文在寅政権時代に表明したTHAADを巡る立場を維持せよ」と主張した。

 5日の「新政権が気にすべき古い帳簿があるのか」という高官発言は、こうした一連の主張に対する反論になるわけだ。この高官は「前政権でも3不は国家間の合意や約束ではないと言っていた」と述べた。中国との3不合意を主導した南官杓(ナム・グァンピョ)元国家安保室次長は、日本大使時代の2020年10月21日、国会の国政監査で「中国に対して当時言及した3事項は約束でも合意でもない」とし、これにとらわれる必要はないとの立場を表明した。当時の張夏成(チャン・ハソン)駐中韓国大使も同日「(韓中間の)約束や合意とはみていない」と発言した。

 また、「3不が韓中間の対立を暫定的に縫合させたのではないか」という意見に対し、この高官は「(韓中は)2017年10月31日、協議の結果について解決されたとした。その後、韓国側が受け取ったものはないのに、縫合と呼べるだろうか」とし、さらに「(3不のように)自国の安全保障について第三国に『将来なになにをしない』と約束するのは合理的なのかと考えてみてほしい」と語った。

北京=パク・スチャン特派員

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲慶尚北道星州郡に配備された在韓米軍のTHAAD砲台。/写真=国防部映像共同取材団

right

あわせて読みたい