米男子ゴルフ 20歳キム・ジュヒョンが初優勝=韓国人9人目

米男子ゴルフ 20歳キム・ジュヒョンが初優勝=韓国人9人目

【ソウル聯合ニュース】米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は8日(日本時間)、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、韓国のキム・ジュヒョン(20)が9アンダー、61で回り、通算20アンダー、260で米ツアー初優勝を遂げた。韓国男子選手としては史上9人目のツアー優勝者になると同時に史上最年少記録(20歳1カ月)を打ち立てた。

 キムは今回の優勝により米ツアーの正会員資格を得た。今季のプレーオフシリーズ出場資格も獲得した。

 キムはまだ10代だった2020年に韓国プロゴルフ(KPGA)ツアーに登場して旋風を巻き起こした。同年に世界ランキング92位で米ツアーに初参戦し、15戦目で初優勝を飾った。

 韓国の任成宰(イム・ソンジェ、24)は2位タイだった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 米男子ゴルフ 20歳キム・ジュヒョンが初優勝=韓国人9人目

right

あわせて読みたい