現代自動車グループのエコカー国内販売 累計100万台突破

現代自動車グループのエコカー国内販売 累計100万台突破

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループによると、現代自動車と子会社・起亜のエコカーの国内販売台数が累計102万3484台を記録した。2009年7月に現代の小型セダン「アバンテ」のLPiハイブリッドモデルが発売されてから13年で100万台の大台を超えた。

 現代(高級車ブランド・ジェネシスを含む)は電気自動車(EV)14万3636台、燃料電池車(FCV)2万4874台、ハイブリッド車(HV)38万8344台の55万6854台、起亜はEV8万6100台、HV38万530台の46万6630台をそれぞれ販売した。

 国内累計販売台数が最も多かったのは13年に発売された現代の「グレンジャーハイブリッド」で、18万3837台を売り上げた。次いで起亜の「ニロハイブリッド」が12万6485台、現代の「ソナタハイブリッド」が9万8323台、起亜の「ソレントハイブリッド」が8万5809台、起亜の「K8ハイブリッド」および「K7ハイブリッド」が7万3845台だった。

 現代のFCV「NEXO(ネッソ)」も2万4667台を販売し、エコカーの販売台数増加に貢献した。

 電動化の加速で現代自動車グループのエコカー販売はさらに増える見通しだ。

 同グループが開発したEV専用プラットフォーム(車台)「E―GMP」をベースとした現代の「アイオニック5」は昨年4月の発売から1年余りで販売台数が4万876台に達した。同じくE―GMPを採用した起亜の「EV6」は2万6230台、ジェネシスの「GV60」は5127台が売れ、これら三つのEV専用モデルの累計販売台数は計7万2233台に上る。

 同グループは早ければ年内にE―GMPをベースとしたEV専用モデルの国内販売台数が10万台を超えると予想している。

 来月は現代初のセダン型EV「アイオニック6」が発売される。起亜は年内に「EV6」の高性能バージョン「EV6 GT」を、来年は新EV専用モデル「EV9」をそれぞれ発売する。






<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 現代自動車グループのエコカー国内販売 累計100万台突破

right

あわせて読みたい