「韓国軍が住民を殺害」…ベトナム人が韓国の法廷で初証言

 ベトナム戦争当時、韓国軍による民間人殺害を目撃したベトナム人が、初めて韓国の裁判所に出廷して当時の状況を証言した。

 9日、ソウル中央地裁民事68単独の朴鎮秀(パク・チンス)部長判事の審理で、ベトナム人女性グエン・ティタンさん(62)が韓国政府を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の8回目の弁論期日が開かれた。グエン・ティタンさんのおじのグエン・トゥクチョイさん(82)が証人席に座り「1968年2月12日にプンニ村で韓国軍の民間人虐殺を目撃した」と主張した。グエン・トゥクチョイさんは「韓国軍が村に集まっていて、(兵士たちの銃で)村の住民たちが倒れた後、手りゅう弾を投げた」と語った。朴部長判事が、韓国軍だとする理由を尋ねると、グエン・トゥクチョイさんは「普段から韓国軍を見ていて、韓国人の顔を知っていた」と答えた。彼は望遠鏡で韓国軍の民間人虐殺現場を見ていたという。また彼は、韓国軍が村に火を放ち、住民の遺体を積み上げている様子も描写した。韓国軍が村を去った後、グエン・トゥクチョイさんは後始末をしたという。

 グエン・ティタンさんは、1968年2月12日に韓国軍の青竜旅団第1大隊第1中隊の軍人たちが村の民間人およそ70人を虐殺したとして、2020年4月に韓国政府を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした。グエン・ティタンさんとグエン・トゥクチョイさんは、この日の裁判にそれぞれ原告と証人として出廷するため、今月5日に韓国入りした。

 グエン・ティタンさんはこの日、裁判に先駆けて「民主社会のための弁護士会」(民弁)と共に記者会見を開き「私が今回法廷に立つ理由は、韓国政府に虐殺の真実を認めさせるため」とし「韓国軍の虐殺で私は家族5人を失った」と主張した。グエン・ティタンさんは当時、腹部に銃創を負ったが生き残ったという。

ソン・ウォンヒョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=9日、裁判前に記者会見を開いたグエン・ティタンさん。/NEWSIS

right

あわせて読みたい