「韓国製は思い出の商品」…韓国の主力輸出品目、中国市場でシェア急落

 世界2位のテレビメーカーである韓国・LG電子の昨年の中国テレビ市場におけるシェアはわずか0.1%だった。2009年までは最大シェア(5.6%)を達成し、さらなる市場拡大を狙っていたが、過去10年間でシェアが急落し、存在感を失った。昨年の中国での販売台数は3万台前後だ。電子業界関係者は「中国の人口を考慮すれば、事実上、中国国内にいる韓国人だけが買ったことになる」と話した。世界最大手のテレビメーカーであるサムスン電子も昨年、中国テレビ市場でのシェアは4.1%で9位にとどまった。

【グラフィック】赤字の泥沼に陥った対中貿易収支

 韓国の最大貿易相手国である中国との貿易収支に今、赤信号がともった。中国政府が支給する巨額の補助金で中国企業の技術力が飛躍的に伸び、韓国企業を市場から締め出しているのだ。

 その結果は数字にもはっきり表れている。1993年から昨年まで年間ベースで黒字だった対中貿易収支は、今年5月に10億9900万ドル、6月には12億1400万ドルの赤字を記録した。月次ベースで対中貿易が赤字となったのは、1994年8月以来初めてだ。2カ月連続の赤字は1992年10月以来、約30年ぶりのことだ。7月も対中貿易赤字は20日現在で15億3900万ドルとなり、5月と6月の赤字幅を既に超えている。韓国はこれまで対日で貿易赤字を計上する一方で、対中では黒字を上げ、この30年間貿易黒字を享受してきたが、その状況に警告灯がともったのだ。

 特に打撃を受けたのは、韓国の対中輸出をけん引した中間財だ。中国は逆に韓国市場でのシェアを急速に高めている。技術レベルが高い部品輸入で中国の割合は1996年の2.9%から昨年は39.7%に上昇した。仁荷大国際通商学科の鄭仁教(チョン・インギョ)教授は「対中貿易に依存する現状から脱し、韓国の市場と原材料供給元を多角化する『チャイナプラスワン』戦略を積極的に追求すべきだ」と指摘した。

金康漢(キム・ガンハン)記者、イ・ボルチャン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=サムスン電子が2022年の北京冬季五輪に合わせ、北京に開設したブランド体験館/朝鮮日報DB
  • 「韓国製は思い出の商品」…韓国の主力輸出品目、中国市場でシェア急落

right

あわせて読みたい