豪雨被害のソウル市、マンホールに転落防止網を設置へ 

ソウル市「鉄製構造物など設置」

 ソウル市がマンホールのふたの下にネットや鉄製構造物などの「マンホール転落防止設備」を設置することを決めたと12日、明らかにした。8日の集中豪雨によりソウル市瑞草区でマンホールのふたが外れ、成人の姉と弟が転落し死亡するなどマンホール関連の事故が発生したことから、これを防ぐための措置を取ったものだ。

 ソウル市は今年下半期からマンホール転落防止設備を低地帯など浸水脆弱(ぜいじゃく)地域や下水道逆流区間に優先導入し、設置を拡大していく計画だ。マンホールのふたの下に網や鉄製構造物を設置し、ふたが外れても人や物が落ちないようにするということだ。ソウル市内のマンホールは計27万カ所あるが、このうち約1万カ所に今年下半期中に転落防止設備を設置する予定だ。

【動画】記録的大雨でソウルが水浸しに

 ソウル市は既に浸水が多かったり、逆流が発生したりする区間にロック機能がある特殊なマンホールふたを設置している。しかし、今回は1時間に100ミリメートル以上の豪雨となり、水圧によりマンホールのふたが外れて事故が発生した。

 8日午後、ソウル市瑞草区瑞草洞では水圧に耐えきれずにマンホールのふたが外れ、その穴に50代の姉と40代の弟が転落、2人とも遺体で発見された。2人は瑞草洞にあるビルに行く途中、豪雨でふたが外れたマンホールに気付かずに流された。事故発生時に近くにいた車のドライブレコーダーには、姉が先にマンホールに落ち、弟が姉を助けようとして一緒に流される様子が写っていたという。弟は行方不明になってから三日目の10日、瑞草洞のバス停付近のマンホールで遺体になって発見された。姉も11日に行方不明になった地点から約4キロメートル離れた銅雀駅(ソウル市銅雀区)近くの盤浦川で遺体が発見された。

キム・ユンジュ記者、キム・ジウォン記者


<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲豪雨の時に下水道が逆流し、マンホールのふたが外れても人が落ちないようにソウル市が設置することを決めた防止設備。写真=ソウル市

right

あわせて読みたい