韓国慰安婦被害者が尹大統領演説を批判 「歴史・慰安婦問題に触れず」 

韓国慰安婦被害者が尹大統領演説を批判 「歴史・慰安婦問題に触れず」 

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんは15日、光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)記念式典での尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の演説に対し「なぜ光復節に日本との関係改善の話だけをし、解決されていない歴史問題と慰安婦問題に対する言葉は一言もないのか」と批判の声を上げた。

 李さんは慰安婦問題の国際司法裁判所(ICJ)への付託を目指す市民団体を通じ、自身の考えを明らかにした。

 李さんは「日本がどれほど歴史をねじ曲げ、私たちの名誉を踏みにじろうと、日本の機嫌を取ることの方が重要なのか。それが自由と人権、法治を尊重することなのか」と問いただした後、「日本の反省と謝罪が先だ」と強調した。 

 尹大統領に対しては、日本の同意を必要としない国連拷問禁止委員会(CAT)への慰安婦問題付託を求め、「それがふてぶてしい日本に真実を悟らせ、未来の和解と共生をつくり出していく唯一の方法」と訴えた。

 尹大統領はこの日の演説で「韓日関係の包括的な未来像を提示した『金大中(キム・デジュン)・小渕共同宣言』を継承し、韓日関係を早期に回復、発展させていく」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国慰安婦被害者が尹大統領演説を批判 「歴史・慰安婦問題に触れず」 

right

あわせて読みたい