韓国鉄道公団の光復節記念コンテンツに日本の新幹線画像、翌日削除して謝罪するも批判殺到

 韓国国家鉄道公団が77回目の光復節(日本による植民地支配からの解放を記念する日)を迎えるにあたり製作したコンテンツに、日本の新幹線の画像を入れて騒動になった。同公団側は謝罪文を掲載したが、批判の声は収まっていない。

 同公団は16日、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に「SNSチャンネルに掲示された『8・15光復節特集』のコンテンツに不適切な画像が使用された」として謝罪文を掲載した。

【写真】韓国鉄道公団が光復節に投稿した新幹線画像入り文章

 同公団側は「誇り高い鉄道文化を築いていく責任がある機関で不適切な写真を使い、公団のSNSを利用する方々に多大なご迷惑をおかけしたことに言い訳の余地はない」「また、画像修正作業が遅れ、初動対処が不十分だった点も心から謝罪する。ご迷惑をおかけしたことをあらためておわび申し上げる」と謝罪した。

 問題になったのは、この前日の15日、公式SNSに「光復節77周年特集」として掲載されたカードニュース形式のコンテンツだ。

 これには太極旗(韓国国旗)を背景に、「光復節を迎えるにあたり、略奪の手段から近代化の象徴となった鉄道の話をしようと思います」という文が書かれているが、この文の下にはムクゲの花(韓国語でムグンファ、韓国を象徴する花)と共に日本の新幹線の画像がある。

 この件が伝えられるや、ネット上には「KTX(韓国高速鉄道)、SRT(高速列車)、ムグンファ号など列車の種類がたくさんあるのに、なぜよりによって日本の列車を使うのか」「公団の職員が新幹線であることを知らないはずがない」「光復節にこんなことをするなんて正気のさたではないようだ」などの批判が寄せられた。

 こうした指摘が相次いだため、同公団側はインスタグラムの投稿で「きちんと確認できないまま投稿し、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。ご意見を反映させて早急に修正できるようにします」と投稿したが、この投稿は16日午前0時過ぎに削除されたという。

 このため、同公団側の謝罪文に対しても「わざわざ光復節の当日はそのままにして、16日になってからすぐに謝罪文を掲載したのではと疑いたくなる」「なぜ当日修正しなかったのか」「あえて光復節が過ぎて、16日まで待ってから削除した理由は何なのか」などの批判が相次いだ。

キム・ジャア記者


<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲韓国国家鉄道公団が16日に掲載した謝罪文。
  • 韓国鉄道公団の光復節記念コンテンツに日本の新幹線画像、翌日削除して謝罪するも批判殺到

right

あわせて読みたい