ソウル市のブランドスローガン 7年ぶり変更へ=年内発表

ソウル市のブランドスローガン 7年ぶり変更へ=年内発表

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は16日、同市の新たなブランドスローガンの開発に着手すると発表した。

 現在のスローガン「I・SEOUL・U」は、朴元淳(パク・ウォンスン)前市長在任時の2015年10月に市民と専門家の投票により選ばれた。それ以前は、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の市長在任中に作られた「Hi Seoul」が02年から13年間使われた。

 呉世勲(オ・セフン)現市長は「I・SEOUL・U」は意味があいまいで伝達力に欠けるとして変更する意向を明らかにしており、市は認知度調査など本格的な変更作業を開始した。

 今年6月にソウル市民約1000人とソウルを訪れたことがある外国人200人を対象に行った調査では、「I・SEOUL・U」を知っていると答えた人の割合は海外が17.9%、国内は69.3%だった。

 同市は年内にブランドスローガンを最終決定することを目標に▼韓国人・外国人からの意見収集▼専門家によるブランディング作業▼ブランドスローガン案の最終選定▼ブランドスローガンの精緻化と拡散――の4段階にわたって開発する。

 来年からデザイン作業を行った後、条例改正を経て新たなブランドスローガンを都市マーケティングに本格的に活用する計画だ。

 ソウル市は「ソウルの躍動性と魅力、グローバル先導都市として目指す点を圧縮して盛り込み、『ソウル』といえば思い出す、世界の人々に愛されるブランドを作りたい」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ソウル市のブランドスローガン 7年ぶり変更へ=年内発表

right

あわせて読みたい