ビル・ゲイツ氏「韓国と協力して感染症から人類救う」

韓国国会で演説後、尹大統領と面会

 米情報技術(IT)大手マイクロソフトの共同創業者で、慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同議長を務めるビル・ゲイツ氏が16日、ソウル・竜山の大統領室庁舎で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領に会った。ゲイツ氏と尹大統領は感染症予防などバイオヘルス分野で韓国とゲイツ財団の協力を強化しようという考えで意見が一致した。前日訪韓したゲイツ氏は16日、国会で感染症を防ぐための国際共助の必要性をテーマに演説も行った。その後、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長らに会い、ワクチン・治療薬開発や小型モジュール原発(SMR)事業協力問題を協議した。

【写真】ビル・ゲイツ氏と握手する尹錫悦大統領

 尹大統領はゲイツ氏に会った際、「ゲイツ氏は開発途上国や経済的に厳しい国の国民のため、新型コロナワクチンと治療薬の開発・供給に努めてきた」「コロナ・パンデミック(感染症大流行)という状況で、ゲイツ氏の努力は世界の人々が病気から自由と保健の正義を確保するのに大きく寄与した」と語った。さらに、「韓国は高水準のバイオヘルス技術を構築しているため、世界の人々の健康増進に寄与できるよう、ゲイツ財団とも実のある協力関係を作りたい」と述べた。これに対してゲイツ氏は「パンデミックの中、私はリスクを管理するために感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)を主導し、韓国も多くの支援をした」と言った。ゲイツ氏は、ゲイツ財団とCEPIから研究支援金を受け取ってワクチン開発に着手したSKバイオサイエンスとの協力にも言及した。

 韓国外交部と保健福祉部は同日、ゲイツ財団と保健・医療分野の研究開発協力などを拡大するという内容の了解覚書(MOU)を締結した。ゲイツ氏は同日の国会演説で、「世界的な保健危機にある今は、我々の財団が韓国とさらに緊密な協力を始める適期だ」「韓国との強力なパートナーシップを通じ、人類を感染症から救うことができるだろう」と語った。国会には議員約80人が集まった。

 続いて、ゲイツ氏はソウル・汝矣島のコンラッド・ホテルで崔泰源SKグループ会長、崔昌源(チェ・チャンウォン)SKディスカバリー副会長らと会い、SMR事業やワクチン・治療薬開発などについて意見を交わした。ゲイツ氏の訪韓に合わせて、SK(株)とSKイノベーションは前日、ゲイツ氏が取締役会議長のSMR企業「テラパワー」に2億5000万ドル(約336億円)を投資すると明らかにした。SMRは従来の大型原発よりも発電容量とサイズが小さく、安全性は高い500MW(メガワット)級以下の次世代原発を言う。

 まずSKは、テラパワーが韓国と東南アジア市場で推進するSMR事業に共に参加する計画だ。テラパワーは米エネルギー省の支援を受け、2028年の稼働を目標に米ワイオミング州に345MW規模のSMR建設を推進している。SKに精通した財界関係者は「テラパワーは米エネルギー省が直接投資しているため米国の戦略企業に分類されており、厳格な基準により海外企業の投資を受ける」「テラパワーと米政府がSKの持分投資を許可したのは、韓米エネルギー同盟強化はもちろん、韓国の原発技術力を高く評価したという意味だ」と語った。

崔慶韻(チェ・ギョンウン)記者、チョ・ジェヒ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」のビル・ゲイツ共同理事長が16日午前、韓国国会で演説した。写真=李徳熏(イ・ドクフン)記者

right

あわせて読みたい