尹大統領 徴用問題の解決「肯定的」=日本と衝突避ける方策講じる

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は就任から100日となる17日に記者会見を開き、対日関係について、「両国が未来志向の協力関係を強化する時、譲歩と理解を通じ歴史問題がより円満に、早期に解決できると信じている」と述べた。日本メディアの質問に答えた。

 韓国の大法院(最高裁)が日本企業に徴用被害者への賠償を命じた判決を巡っては、「大法院で確定判決が出て、判決債権者(原告)は法による補償を受けるようになっている」としたうえで、「ただ、判決を執行する過程で日本が憂慮する主権問題の衝突なく、債権者が補償を受けられる方策を講じている」と説明。「私は肯定的に見ている」と述べた。

 また、「韓日関係は現在の北東アジアと世界の安全保障状況に照らしても、供給網と経済安保の側面からも、もはや未来のため緊密に協力しなければならない関係になった」と強調。「両国が歴史問題で合理的な方策を導き出せると、政府と国民が成し遂げられると考えている」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい